悩み別・解決

婚活パーティーで相手にされないトラウマを抱えた人の婚活恋活【悩み】

婚活パーティに期待して行っても全然うまく行きません。相手にされてない。
婚活パーティに参加して連絡先を交換しても全く返信がありません。
アリナ
アリナ
婚活パーティで相手にされていないと感じた時ってすごく辛いですよね。今回は縁がなかったと素直に思えない自分がいて苦しい時ありますね。何回も参加して自分に合った人に巡り会うかもしれません。でも他にも選択肢があることを知ってもらいたいです。

 

婚活パーティで相手にされないたびに傷つく

婚活をする方法としては、婚活パーティーというものが1つの流行りになっています。
これは結婚を希望する男女が1ヶ所に集まり、参加者それぞれで話をしたりして、交流を深めていくという流れになっています。

しかし、参加者の中でもどうしても優劣ができてしまう傾向にあり、人気の人とそうじゃない人に分かれてしまうのです。

これは男女どちらにも言えることですが、必ずと言ってもいいほど相手にされない、興味を持たれない人が存在してしまうことになります。
だから、そういう扱いを受けてしまうと、自分はそんなに需要がないのか?落ち込んでしまうということもあって、それがトラウマに感じられることもあると思うのです。

婚活パーティーでそういった経験をしてしまうと、同じ方法はなかなか使いづらいということになりますが、別の方法でおすすめのものはあるのでしょうか?

需要が高い人とそうじゃない人は絶対にいるので、後者の人間が生まれるのはしょうがない部分はあるのですが、婚活パーティーの場合にはせいぜい数十人程度の集まりの中の話になります。
つまり、その数十人の中での人気の話なので、婚活パーティーというのは非常に規模が小さいということを知っておかないといけません。

落ち込まないで!大丈夫

結果的に結婚をしている男女が、じゃあ学生時代のクラスの異性から絶対にモテていたか?と言えば、そんなことはないでしょう。
モテたときもあれば、そうじゃないときもあったはずで、それはクラスの中にいる異性の数がそこまで多くないからです。
だから、自分を気に入る人がそこにいるとは限らないということになります。
婚活パーティーも実は同様の状況になっていることに気付かないといけません。

  • そこに参加している人数ははっきり言ってそこまで多くはないはずです。
  • したがって、そこで自分が人気じゃないからといって、世の中から全く相手にされていないと思う必要はないです。
  • その参加者であるわずかな人たちからは相手にされなかったというだけなので、もっと多くの人が自分を見ることができるような場を婚活の手段として選べばいいとなります。

自分の条件自分に合った人が見つかるアプリの魅力

それがインターネットアプリとかになるのですが、こういったものは利用者数がとても多いというのが特徴になります。
婚活パーティーはせいぜい1回あたり数十人で、異性だけに限定するとその半分くらいだったりしますが、インターネットアプリは特定の有名なところを使えば、利用者数は膨大です。
さらに婚活パーティーは基本的に1日で終わりだと思いますが、インターネットアプリにはそういう性質はありません。

登録してから何日でも利用ができるので、その分チャンスは多くなるということも言えます。
実際、利用者数が多いといっても、日にちを重ねないと自分のことを見てくれる人は増えないので、ここは重要なポイントと言えます。
インターネットアプリは時間をかけることにより、婚活パーティーのときとは比べ物にならないくらいに自分のことを見てくれる人が多くなるはずです。

その結果、全員が自分に興味を持つとは言えませんが、自分のプロフィールなどを見てくれる人が増えれば増えるだけ、何かしらのアクションをしてくる人が増えやすくなるのは事実です。
だから、結果的に自分を相手にしてくれる人を見つけやすいという意味ではインターネットアプリはおすすめなのです。利用者数の絶対数が違うというところは魅力的でしょう。

婚活パーティーにもメリットはあるわけですが、デメリットももちろんあって、そのデメリットが露呈するケースというのが、相手にされないという場合になります。
だから、婚活パーティーのデメリット部分が気になってしまった人というのは、恐らくそういったやり方に向いていない可能性があるので、婚活のやり方を変えていくことで、現状を打開することを目指していくと良いと思います。

まとめ

婚活はインターネットを通じて行う人は非常に多く、インターネットには結婚への出会いが多く転がっていることがあります。

したがって、インターネットを使って婚活をしている人の数がかなり多いという現状は婚活をしている人たちは全員が認識しておくべきでしょう。
インターネットを使わないと婚活ができないわけではなく、結婚ができないわけでもないのですが、そこに多くの人たちが集中しているならば、そこに自分も合わせた方が有効性は上がるのです。

インターネットで人と出会うというのはちょっと怖いということもあるかもしれませんけど、婚活パーティーも募集はネットで行われたりしますし、そこから会うという流れはそこまで違いがあるわけではないのです。

ネットという部分は今の婚活においては少なからずかかわっている部分があるので、ネットの要素を生かした婚活をしていくという意識はどっちにしろ必要と言えるものになります。
いろいろな方法がある中で、自分の現状を踏まえて最も望ましいものはどれか?という判断が、婚活をしていくうえでは必要と言えると思います。”

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です