結婚相談所1

結婚相談所hikariマリッジの料金はどう?入会金、成婚料などは?

コロナ禍での婚活を攻略

新型コロナウィルスの影響で婚活したいけれど婚活できない、なかなか外出もできず出会いがない。今までよりもさらに結婚したい気持ちが強くなっているのではないでしょうか。

パーティーや結婚相談所は感染防止対策をして婚活サービスを提供していますが、頻繁に外出するのが不安な方は、オンラインで出来る婚活をしてはいかがでしょうか

下記のサイトであなたの年代を入れると、厳選された大手結婚相談所17社の中から資料を、一括で無料請求できます。

現在キャンペーン中で、上記サイト経由で入会すると婚活支援金30,000円をプレゼント

まだまだコロナが終息する気配はありません。オンラインを使った婚活はコロナ禍では主流になってきています。

この機会に無料で資料を請求し比較して自分に合った婚活方法を見つけましょう。

hikariマリッジはどんな婚活サービスを行っているのでしょうか?ここではhikari結婚相談所の基本情報と共に、入会金や成婚料など料金についてご紹介します。

ここでは私の経験、あきこさんの体験談恋愛カウンセラーの立場からhikariマリッジの結婚相談所についてお伝えします。

hikariマリッジの基本情報

引用元:hikariマリッジ

主催:hikariマリッジ
独自サービス個別カウンセリング、PC&スマホでの会員検索、お見合いセッティングetc.
地域:愛知県、大阪府
年齢:20代~60代
会員数:非公開  BIU会員約5万人
成婚率:非公開
料金入会金10万円~15万円 月会費1万円~1万5千円 成婚料15万円 返金制度有り
無料相談:有り、オンライン有り

相談所名 hikariマリッジ
所在地(大阪本社) 大阪府大阪市北区梅田1丁目2-2
大阪駅前第2ビル 12階1204
営業時間 AM10:00-PM7:00
定休日 年中無休
アクセス
JR東西線「北新地」駅直結
地下鉄四つ橋線「西梅田」駅より徒歩約5分
予約 HPより無料カウンセリング予約

hikariマリッジはあらゆる世代のスタッフを起用し、経験豊富なサポートで会員を成婚に導く結婚相談所です。大阪府に次いで愛知県にも支社を出し、精力的に活動を行っています。

料金プランは2つ用意されており、年齢や会員の種類によって活動料金を設定しています。入会時に半年分の月会費が必要な点が、他の結婚相談所とは異なるhikariマリッジの特徴です。

hikariマリッジの料金について

・無料相談・・・対面方式、電話方式、オンライン方式の3種類から選択。公式サイトの専用ページで、第3希望まで希望日時を設定可能。
・入会金・・・スタンダードコース:13万円、ミドル・シニアコース:15万円
・月会費・・・スタンダードコース:1万円、ミドル・シニアコース:1万5千円
・成婚料・・・15万円
・割引・・・なし

hikariマリッジでは、男性44歳以下女性39歳以下の会員がスタンダードコース、スタンダードコース以上の年齢の会員はミドル・シニアコースと、年齢別にコースが分けられています。

コース別でサービスの内容は変わらず、お見合い料金はどちらも0円です。

どちらのコースも初回入会時にはそれぞれ6ヶ月の月会費が必要となり、途中退会すると月会費のみ月割り計算で返金されます。

成婚料はどちらのコースも一律で15万に設定されており、会費の割引制度などは設けていません。
結婚相談所「hikariマリッジ」の基本情報と口コミ評判はどう? hikari結婚相談所はどんな婚活サービスを行っているのでしょうか?ここではhikariマリッジの基本情報と共に、利用者が投稿した口...

hikariマリッジと結婚相談所大手3社を比較

料金/月 1万〜1.5万 9900円〜25300円(税込) 15400円(税込)〜 14300円(税込)
hikariマリッジ ゼクシィ縁結びエージェント ツヴァイ エン婚活エージェント
地域 愛知県、大阪 全国27店舗 全国51店舗 全国24箇所
年齢層 40歳〜60歳 20代〜60代 20代〜60代 20代〜60代
会員数 約5万人 約3万人 約9万1千人 約3万人
紹介人数 なし スタンダードプラン6人/月 6人/月 6人以上/月
成婚率 非公開 一年以内82% 20% 1年以内90%
無料相談 あり あり あり/資料請求無料 あり/資料請求無料

ここでは大手3社と比較してみての結婚相談所hikariマリッジのメリット、デメリットとhikariマリッジにはどんな人が向いているのか教えちゃいます。又、大手結婚相談所3社と比較してみてhikariマリッジ以外でのオススメも紹介しちゃいます。

hikariマリッジのメリット3つ

・個別カウンセリングあり

・PC&スマホで会員検索ができる

・業界団体BIUに加盟で安心

hikariマリッジのデメリット3つ

・入会金が10〜15万円とお高め

・成婚率が不明

・スタッフからの紹介が少なく、自分で探す必要がある

hikariマリッジに向いている人

hikari結婚相談所の自社会員の年齢層は40〜60代がメインと高めになっているため、ミドル世代に向いた結婚相談所と言えます。PCやスマホで隙間時間に会員検索ができるので、忙しい人にぴったりの結婚相談所です。業界団体BIUに加盟している為、会員数は5万人と多くなっているので、探せばさまざなま年代の会員に出会える結婚相談所ではないでしょうか。

hikariマリッジに向いていない人は?他も検討している人は?

他の結婚相談所も検討している方へ大手3社と比較してみて

hikariマリッジは中高年の婚活を中心に行う結婚相談所で、入会金と成婚料はコースを問わず10万円以上かかります。

結婚相談所としては平均的な料金体系ですが、スタッフの紹介がないサービス体制を考えると少し高額に感じます。

hikariマリッジのように会員自ら出会いを探す結婚相談所は、オンライン完結型のエン婚活エージェントがあります。

エン婚活はネットでカウンセリングや活動ができるため、時間や場所を選ばずに活動できると人気の最新型結婚相談所です。

エン婚活はお見合い料や成婚料を設けず、1万円以下の入会金を払えば毎月の会費だけで活動できます。また登録後3ヶ月以内に出会いがない場合、登録料と月会費を全額返金する全額返金保証制度を設け、とりあえずどんな結婚相談所かどうか知りたいという人にもおすすめです。

エン婚活エージェント詳細

エン婚活エージェントは入会金が9,800円と格安ながら、他の結婚相談所同様にきちんとした結婚相談所です。活動のほとんどはオンラインになるため、自分で主体的に婚活する必要がありますが、それができれば、かなりお得に婚活することができます。

サービスの全てはオンラインですが、会員一人一人に専任のコンシェルジュがつきます。困ったときはコンシェルジュに相談することもできるので、サービスもそれなりに期待できます。

コスパで選ぶなら、エン婚活エージェントです。

エン婚活エージェントで無料相談を受けてみる

料金のみ比較してみました

hikariマリッジ ゼクシィ縁結びエージェント ツヴァイ エン婚活エージェント
無料相談 あり あり あり あり
入会金 スタンダードコース13万円〜 33000円(税込) 115500円(税込) 10780円(税込)
月会費 スタンダードコース1万円〜 9900円(税込)〜 15400円(税込)〜 14300円(税込)
成婚料 15万円 0円 0円 0円
割引 なし あり あり あり

ここでは、各結婚相談所について、純粋に料金のみで比較していきたいと思います。1年間婚活し、見事成婚退会したと仮定して料金の総額を出してみます。

まずは、hikariマリッジです。スタンダードコースは入会金は143,000円、月会費は132,000円、成婚料は165,000円、合計は44万円です。

次は、ゼクシィ縁結びエージェントです。入会金は33,000円、月会費は118,800円、成婚料は0円、合計は151,800円(税込)です。

ツヴァイの料金は次の通りです。入会金などは115,500円、月会費は184,800円、成婚料は0円、合計は300,300円(税込)です。

最後にエン婚活エージェントです。入会金は10,780円、月会費は171,600円、成婚料は0円、合計は182,380円(税込)です。

こうして比較してみると、料金が安いのは圧倒的にゼクシィ縁結びエージェントです。hikariマリッジの3分の1以下の費用で済みます。料金で選ぶならゼクシィ縁結びエージェントで決まりですね!

⇨ゼクシィ縁結びエージェントで無料相談を受ける

最後に

今回はhikariマリッジと大手3社で料金にフォーカスしながら比較しながら向いている人、気になる点やオススメなど紹介していきました。

どこが良い悪いというのはありません。自分にあった結婚相談所を見つけて将来のパートナーを見つけることが大事です。

少しでも婚活のお役に立てれば幸いです。

2020年に猛威をふるった新型コロナウイルスcovid-19は未だ衰えを知りません。

外出自粛が続く中、婚活のあり方にも変化が生まれてきました。直接会っての出会いが難しい状況ですので、マッチングアプリやオンライン結婚相談所を利用してお互いを知り、実際に会う時は付き合っている、お互いが惹かれあっている状況なのです。

まだどのようなサービスがあるのか知らない方は▽コチラを参考にしてくださいね。