結婚相談所1

結婚相談所「hikariマリッジ」の基本情報と口コミ評判はどう?

hikari結婚相談所はどんな婚活サービスを行っているのでしょうか?ここではhikariマリッジの基本情報と共に、利用者が投稿した口コミでの評判をまとめてご紹介します。

アリナ
アリナ
ここでは私の経験、依頼者の話と恋愛カウンセラーの立場からhikariマリッジの結婚相談所についてお伝えします。

∟hikariマリッジの基本情報

引用元:hikariマリッジHP

主催:hikariマリッジ
独自サービス個別カウンセリング、PC&スマホでの会員検索、お見合いセッティングetc.
地域:愛知県、大阪府
年齢:20代~60代
会員数:非公開  BIU会員約5万人
成婚率:非公開
料金入会金10万円~15万円 月会費1万円~1万5千円 成婚料15万円 返金制度有り
無料相談:有り、オンライン有り

相談所名 hikariマリッジ
所在地(大阪本社) 大阪府大阪市北区梅田1丁目2-2
大阪駅前第2ビル 12階1204
営業時間 AM10:00-PM7:00
定休日 年中無休
アクセス
JR東西線「北新地」駅直結
地下鉄四つ橋線「西梅田」駅より徒歩約5分
予約 HPより無料カウンセリング予約

hikariマリッジは、大阪府に本社を構える結婚相談所です。2020年3月には愛知県の名古屋市に支店をオープンし、東海や関西地方の会員を主体に活動を行っています。

活動会員のメインの年齢層は40代からとミドル&シニア世代ですが、入会時の会員年齢には大きな決まりはありません。

アリナ
アリナ
hikariマリッジの会員数は非公開ですが、加盟するBIU(日本ブライダル連盟)の会員数は5万人と大規模です。

hikariマリッジの口コミ、評判について

良い口コミ評判

・地元密着型の婚活ができる
・スタッフの手厚いサポートがあり、信頼できる
・会員の年齢層が高く、中高年での婚活がしやすい
・忙しいときはPCやスマホで相手を探せる
・お見合い料が無料なので会員同士の出会いのハードルが低い

悪い口コミ評判

・自社会員だけでなく他の結婚相談所の会員を紹介されることもある
・お見合いしか出会いの方法がなく、出会いのきっかけがつかみにくい
・会員登録に多額の費用がかかり、入会を迷ってしまう
・中高年世代をメインとしているため、活動会員の年齢が高い
・プロフィール検索が主でスタッフからの会員紹介がない

hikariマリッジは大阪府と愛知県にて活動を行う、小規模な結婚相談所です。

地域密着型の出会いが期待できる反面、エリアが狭められてしまうと自社会員同士が出会える可能性が低いといった口コミも見受けられました。

またお見合い料は一律無料で出会いのハードルが低い一方で、会員限定の婚活パーティーなどのお見合い以外の出会いの方法がありません

お見合いの申し込みはオンライン上でできますが、出会いのきっかけのみ昔ながらの結婚相談所の方式が受け継がれていることに対し不満を持っている人もいるようです。

さらに中高年の出会いを探している人は活動しやすい反面、年齢層が下または上の場合は活動しにくいという声もありました。

hikariマリッジと結婚相談所大手3社を比較しました

hikariマリッジ ゼクシィ縁結びエージェント ツヴァイ エン婚活エージェント
地域 愛知県、大阪府 全国27店舗 全国51店舗 全国24箇所
年齢層 40歳〜60歳 20代〜60代

(20〜30代中心)

20代〜60代

(30代中心)

20代〜60代

(30〜40代中心)

会員数 約5万人 2.9万人

(ゼクシィ縁結びエージェント+コネクトシップ)

9万1千人

(ツヴァイ+IBJ)

3万人

(エン婚活+コネクトシップ)

紹介人数 なし シンプルプラン0人/月

スタンダードプラン6人/月

8人/月 6人以上/月
成婚率 非公開 21%

1年以内82%

20% 30%

1年以内90%

無料相談 あり あり あり

資料請求無料

あり

資料請求無料

料金 月会費:1万円~1万5千円 シンプルプラン月9,000円

スタンダードプラン月16,000円

月13,800円 月12,000円

ここでは大手3社と比較してみての結婚相談所hikariマリッジのメリット、デメリットとhikariマリッジにはどんな人が向いているのか教えちゃいます。又、大手結婚相談所3社と比較してみてhikariマリッジ以外でのオススメも紹介しちゃいます。

hikariマリッジのメリット3つ

・個別カウンセリングあり

・PC&スマホで会員検索ができる

・業界団体BIUに加盟で安心

hikariマリッジのデメリット3つ

・入会金が10〜15万円とお高め

・成婚率が不明

・スタッフからの紹介が少なく、自分で探す必要がある

hikariマリッジに向いている人

hikari結婚相談所の自社会員の年齢層は40〜60代がメインと高めになっているため、ミドル世代に向いた結婚相談所と言えます。PCやスマホで隙間時間に会員検索ができるので、忙しい人にぴったりの結婚相談所です。業界団体BIUに加盟している為、会員数は5万人と多くなっているので、探せばさまざなま年代の会員に出会える結婚相談所ではないでしょうか。

 

hikariマリッジに向いていない人は?他も検討している人は?

他の結婚相談所も検討している方へ大手3社と比較してみて

hikariマリッジは会員の年齢層が高く、自社会員についてのデータは非公開です。

またスタッフからの紹介はなく、すべて会員自身で出会いを見つけなくてはいけない点に対しての口コミも目立ちました。

対してゼクシィ縁結びエージェントは、プロのカウンセラーによる紹介と専用ネットワークからの検索が可能な「ハイブリッド型」の出会い方を導入しています。

自分と相性の良い相手を客観視してもらうことで、普段は相性が悪いと自己完結していた相手と出会うチャンスもあり、出会いの幅が広がることでしょう。

ゼクシィ縁結びエージェント詳細

CMなどでお馴染みのゼクシィ縁結びエージェントは初期費用3万円、月会費9千円、成婚料0円と料金がお得に婚活ができ大手で信頼ができる結婚相談所です。

2018年・2019年・2020年オリコン顧客満足度調査 結婚相談所ランキングで3年連続 総合1位にも選出。

ゼクシィ縁結びエージェントで相手を見つける

まとめ


hikariマリッジはスタッフのケアが評判である一方、成婚率は公開されておらず実際の実績は不明です。結婚相談所を選ぶ際に成婚率で選ぶという人も多く、詳細なデータが出ていないと不安を抱く方も多いです。

ゼクシィ縁結びエージェントは成婚率を公表し、自社会員がどれだけ成婚に繋がったかをきちんと示しています。

成婚率が高い結婚相談所は、その分会員のモチベーションやサービスの満足度が高いということです。結婚相談所を選ぶ時は、サービスや成婚率を目安にするとよいでしょう。