手遅れ?婚期を逃してしまい今の年齢からできる婚活があるのかわからない【悩み】


30代半ば女性です。婚期を逃してしまい悩んでいた私が紹介する婚活方法を紹介させていただきます。
アリナ

アリナ
マイさんはすごく悩んでいたのを覚えています。全て年齢で自分のことを悲観されていました。少しのアドバイスで自分に自信が持てるようになり30代半ばの婚活で悩む人たちの一つの指針になるのではないでしょうか。

 

婚期を逃してしまい気づけば、35歳になった私。若い時から仕事に一途でがむしゃらに仕事に励み、ある程度の地位に就けるようになった今になって、ふと冷静になると周りの友人たちは既に家族を持ち、パートナーと一緒に幸せな過程を気づいていた。

35歳になってこれまでの人生で一番結婚したいという気持ちが高まっている今、婚期を逃してしまった今の年齢からできる婚活があるのかわからずどうしていいか日々悶々と過ごすことも。

今になって若い時にもっと恋愛をしておけばよかったと後悔する日もあり、そんな日はネットで私と同じような境遇の人がいないかネットサーフィンをして仲間探しをすることも。

そんな悲しみを埋める気持ちで始めたネットサーフィンの中で知った、現在の婚活に興味を持つことになりました。

私だけじゃなかったという安心

私のように仕事に励み婚期を逃してしまい今の年齢からできる婚活があるのかわからないと足踏みをしている人は世の中にたくさんいます。そして、同じ境遇の人でもその気になり、一歩踏み出すことで素敵な人とであり環境がガラリと変わった人も世の中にはたくさんいますよ。

特に今回のように婚期を逃してしまい35歳からでも結婚を意識した恋愛をスタートしたいという人の婚活サイトの利用ユーザーはとても多いのが実情です。利用ユーザーが多いということは、自分と年齢がそれほど違わない人と出会うチャンスがあるということ。

婚活サイトを利用するとどうしても自分よりも年齢離れている人としか出会うチャンスがそもそもないと思いがちですが今の時代は違います。婚活サイトはパートナーができない売れ残り市場というわけではなく、自分と同じく仕事ばかり目を配り過ぎてしまい恋愛をする余裕がなく年齢を重ねてしまった人がたくさんいるのです。

このような自分と状況がよく似た境遇を経験している人出会うことで、「自分一人だけじゃないんだ」という安心感を得られる効果があります。また、安心感を持つことで年齢を気にせず目の前の方と恋愛を意識した純粋な出会いを楽しむことができるチャンスもあります。

パーティーに参加して見たら知らない世界だった

このような婚期を逃してしまった人が今からでも婚活をしたいと思った時に、実際に利用してほしい婚活方法は、「街コン」や「パーティ系」になります。

街コンはテレビなどのメディアでも取り上げられているように1つの街に集まって行う合コンのような形式が多いのが特徴。メリットとしては、年齢がバラバラなだけでなく職業も地元も何もかもがこれまでの生活では巡り会うことがない出会いに身を投じることができること。

合コンとなれば男性陣、女性陣に別れた時にお互いに共通の知り合いがいて交流がスタートするというものなので、どうしても独身同士を集めるのが年齢的にも難しい点や人脈が狭いため何か不都合なことが起こった時に合コンを開催してくれた友人の顔に泥を塗る可能性があるなど周りの目というものを気にしてしまうことがあります。

しかし、街コン参加者の多くは個人参加の方が多いのが特徴。みなさん単独で参加し、何より真剣にパートナー探しを目的に参加している人が多いため気の合う方や気になる人と出会った場合にはチャンスが十分あるのが特徴です。

出会う人との職業が異なることから35歳となりキャリアを積んできた経験からすると他業種で活躍されている人と出会うことは仕事においてもプライベートおいてもとても興味深い存在であり、その好奇心が気づかないうちに恋心に発展する可能性があります。

そのほかパーティー系の婚活では、1つの会場を貸し切って行われるもの。パーティー系とだけあって服装はドレスコードなどこれまでとは異なる非日常的な空間で異性との出会いのチャンスがあります。

普段の仕事と自宅の往復ばかりでなかなか恋愛モードになれないという人でも、非日常的なパーティーのような空間で行われる婚活は恋愛の方法を忘れてしまった心を再び輝かせてくれるきっかけになったという人もたくさんいますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。婚期を逃してしまい今の年齢からできる婚活があるのかわからないと悩んでいる人はあなただけではありませんよね。男性女性問わず後になって恋愛をもっとしておけばよかったと後悔している人はたくさんいますが、その一方でこの年齢になったからこそ大人の遊びではない真剣な大人の恋愛を楽しむことができるというチャンスを手にしていることを忘れないようにしましょう。

社会人で培った経験から人の見る目は20代よりもさらにはっきりとした思考をお持ちのはずです。自分と相性の良い人というのは付き合ってみないとわからないところですが、付き合う前から人を見る目が養われているため大きな失敗をするリスクは極めて少ないと言えるでしょう。

婚期を逃してしまい今の年齢からできる婚活があるのかわからないという人はツールを知ればまだまだ恋愛するチャンスはいくらでもありますので一歩踏み出していただければと思います。”

関連記事

後悔しない高収入ハイスペックな男性を探す婚活の方法とは?【悩み】

合コンに行く人が減って出会いに困っている人の婚活の方法とは?

男性女性と会話が続かない!婚活パーティーなどでうまく話せないときはどうしたらいい...

現実はシングルマザーもシングルファザーも自信を持って婚活できる【悩み】

残業が大変で婚活を進められる余力がない人の方法とは?【悩み】

婚活したいけれど結婚後も自分の時間も大切にしたい!【悩み】