ゼクシィ縁結びパーティー/イベント

美味しい団子に舌鼓み、ゼクシィパーティの年齢層・料金・服装など体験談

アヤコ
アヤコ
ゼクシィパーティーの体験談をお話しします。
アリナ
アリナ
今回はアヤコさんからお菓子作りのゼクシィパーティー体験談をお話ししていただけます。

 

“そろそろ20代のタイムリミットまであと少し。地方の親からは電話をかけるたびにうるさく小言を言われるし、このままではイケないと一念発起して「ゼクシィの婚活パーティ」に参加してきました。私のように「婚活パーティに興味はあるけれども勇気が出ない」と思っている方の参考になれば嬉しいです。

ゼクシィの婚活パーティの料金は?

ゼクシィの婚活パーティには色々な種類があります。婚活パーティと聞くと男性が有料、女性はタダ…といわれるものが多いのですが、ゼクシィの場合は男子も女子も同額のケースが多くなっています。

パーティの内容にもよりますが、私の参加したものは「男子が5,500円、女子が5,000円」でした。少しばかり男性の方が払う料金が多くなっていますね。

会場は寅さんの撮影スポット・柴又!

私が参加してきたのは、ゼクシィの『大人の和菓子作りパーティ』でした。抹茶とお団子が付いてきて、お値段なんと5千円。一般的なカフェに出かけることを考えると、決して安くないリッチなお値段ですが、イケメン男子と知り合うチャンスが広がると思えば安いもの。5千円の投資は惜しくありません。

婚活のパーティ会場と聞いて高級ホテルをイメージする方も多いと思いますが、なんと会場は東京の柴又・老舗の和菓子屋さんです。高木屋老舗(たかぎやろうほ)という由緒正しきお店なのですが、門構えからして立派。インスタに載せるつもりなのかお店の前でパシャパシャ写真を撮っている女子たちが大勢いました。

こちらではコシヒカリを使ったお団子や草餅が人気らしいです。あの『男はつらいよ』でお馴染みの寅さんも、こちらのお店を撮影中に利用していたとか…。お店には寅さんをモチーフにしたお菓子もありました。

人気の和菓子カフェを舞台にした婚活パーティは、気楽に参加できるのがイイところです。ちなみに開催時間は土曜日の13時~でした。辺りがどっぷり暗くなった頃の婚活パーティは敷居が高い気がしますが、お昼間に柴又でおこなう婚活パーティは初心者にも優しい造り。近所の喫茶店に遊びに行く気軽さで、ひょいと参加できるメリットがありますね。

当日の流れはどんな感じ?

15分前にはお越しくださいとゼクシィからメールが来ていたため、心配性の私は30分前に早めに柴又に到着。辺りを見回すと私と同じくらいの年齢の女子が数人、ブラブラ落ちつかなさそうにしています。

開始16分くらい前にゼクシィのスタッフさん(女性)が現れ、受付が始まります。受付といっても名前を告げるだけで良いので気楽です。受付をした方から、奥の間に通されました。奥の間は靴を脱がないと行けない、小上がりのスペースになっています。私はぺたんこ系のミュールだったためガッカリ感はあまり無かったのですが、気合いを入れて高いヒールを履いてきた女性は「靴を脱ぐ行為」に意気消沈されていました。和菓子パーティに参加される方は、靴を脱ぐ前提でコーディネートされると良いかもしれません。

奥の間についたあと、男女ミックスのテーブルでそれぞれ和菓子を作ります。和菓子を作るといっても、簡単なお団子と練り切りを作るだけ。親切な先生がいて手取り足取り分からないところをアドバイスしてくれるため料理初心者でもOKです。

この間自然と同じテーブルの男性とお喋りする時間もあり、終始なごやかなムードでイベントは進みました。

待ちに待ったフリータイム

一生懸命和菓子をコネコネしたあとは、お待ちかねのフリータイムです。フリータイムは45分くらいありました。自由にお喋りして、気に入った方がいれば連絡先を交換しても良いとのこと。

最初はおどおどしていた参加者でしたが、ゼクシィのスタッフさんの仲介もあり、自然と回りの男子としゃべるキッカケが増えていきました。「上手に作れましたか?」「スイーツはお好きなんですか?」なんて和菓子ネタで盛り上がれるのも、何だか楽しい。同じテーブルで作業していた男性(34歳)の方と無事にアドレス交換もできました。

ドレスコードはアリ?無し?

ゼクシィの和菓子パーティでは、ドレスコードはありませんでした。前日に私のところに来たメールによると「動きやすい普通の恰好でお越しください」と書いてあったように、極端にセレブリティな衣装で訪れると浮く危険はあるかもしれません。

和菓子を作るときに多少粉などが付くこともあるため、多少カジュアルな洋服でも大丈夫だと思います。私はちなみに水色のカットソーに白色のパンツスタイルで臨みました。料理を扱うため、髪の毛はだらしないと思われないよう、ひとつに束ねていきました。参加者の女性は私のような「コンサバだけれども、リッチ過ぎない洋服」の方が多かったように思います。エプロンを用意されている方もいて、さすがだな~と思いました。

人数や年齢層は?

和菓子パーティの人数ですが、男性12人に対して女性は同じ12人。全部で24人でした。もっと大がかりなパーティも沢山あるのかもしれませんが、このくらいの数の方が私としては居心地がいいなと思いました。アットホームな雰囲気の中で和菓子を作れるため、自然と周囲の男性との会話も弾みます。

気になる年齢ですが、男性は30代半ばから40代前半くらいの方が多かったです。女性は圧倒的に30代の方が多く、私は若い方でした。「和菓子」「柴又」というキーワードから、選ぶ男女の年齢層はやや高めといった印象。落ち着いた雰囲気の大人っぽい人が多かったように思います。軽すぎない、マジメな交際を望んでいる方にはおすすめです。

終わったあとの進展は?

パーティが終わったあと、現地で解散となりました。男性陣から女性陣に対して「飲みに行かない?」などのアピールがあるかと期待していたのですが、草食系の男性が多かったせいか、そういった流れにはなりませんでした。異性に対してガツガツし過ぎていないところは、逆に好感が持てます。

同じテーブルで作業していた男性と当日LINE交換しましたが、現在も暇なときに気さくなメッセージを送り合うカジュアルな仲となっています。「今度遊びに行こうよ」と社交辞令的なメッセージが来るときもあり、これからの発展は未知数です。

おわりに

ゼクシィの婚活パーティに出かけたときの体験談をご紹介しました。最近流行りの料理系のパーティですが「美味しいグルメを食べられる」「趣味の延長でトライできる」良いところがあります。

好きなスイーツを食べながら、同時に男性と知り合うチャンスができるなんて…こんなにイイ話はありませんよね。気になる方はぜひ一度チャレンジしてみてください。

 

ゼクシィパーティー公式はコチラ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です