農業の人が抱えている婚活においての悩みと解決方法(パーティーなどイベント)

“農業という職業は一般的に言えば、結構珍しい部類に該当すると思います。

身近な人で農業をやっている人がいないというケースも多いですし、職業に対するイメージが沸かないということは言えると思います。

そして、その部分が農業で働く人の婚活の悩みにつながる場合があるのです。

農業という職業の婚活現状

農業の人は実は結婚しづらい職業ということが言えてしまうのです。

これはデータでも表れており、例えば40~44歳の男性では未婚の人が3割程度はいるので、未婚者の割合が高い職業ということになります。

では、どうして農業の人は結婚ができないのでしょうか?

それは農業に対するイメージの問題ということが関係していると思われます。

イメージというのはどういったものか?というと、例えば農業の人と結婚した場合、夫婦揃って農業に従事するような光景を思い浮かべる人が多いと思うのです。

夫婦揃ってやらないといけない肉体労働?

ただ、農業は肉体労働で、かつ重労働になりやすいということで、そういった生活をしたくないと考える男女が多いのです。

農業は必ずしも夫婦揃って行っているわけではないですし、機械化の部分もあって重労働の部分は減ってきているという面はあります。

したがって、多くの人が抱えている農業に対するイメージと現実はちょっと違うと言えるのですが、1度構築されたイメージを覆すのはとても難しいと言えるのです。

田舎というイメージがある

また、農業と言えば場所が限られてしまい、どうしても田舎を連想させるような場所じゃないといけないというイメージもあります。

これは実際合っている部分もありますけど、田舎で生活をしないといけないというのは、若い人たちにとってはちょっと受け入れがたい現実なのです。

そういった点は農業に特有だったり、農業のイメージとして定着しているため、結婚相手として農業の人を選ぶというのはケースとして少ないです。

こういったところが農業をしている人の結婚に関する悩みになりますし、結婚しづらい原因とも言えます。

自分次第でなんとでもなる

しかし、そういった結婚に不利な要素を持っている人でも、結婚ができないわけではないですから。
農業の人は結婚相手として選ばれづらい要素を持っているということは言えますけど、それは結婚相手として農業は避けたいと思っている人の割合が高いという話であって、そういう人しかいないという話ではありません。

だから、結婚できるチャンスがないわけではないという意味では、婚活次第では可能性は十分にあると思うのです。

農業の人が結婚をするにはどうしたら良いでしょうか?


農業の人は確かに結婚しづらい状況は存在していますが、逆に言えば農業を敬遠したいと思っている人は相手にしないような方法をとれば良いのです。

農業と結婚をしたいとか、農業の人でも問題ないという人は一定割合は存在しています。

お金がかかりづらいから田舎の方で暮らしたいみたいな人もいますから、需要は高くはないかもしれないが、全くないわけではないので、そこに照準を合わせていくことが重要です。

農業の人の婚活のポイントはそういったところになります。

結婚相談所を利用するというのが現実的な方法になると言えます。

農業の人が結婚するには、自分の職業への理解がある人、魅力を感じてくれる人とマッチングできるか?が重要になります。

つまり、マッチングさえできれば、結婚のチャンスが生まれるので、そういった手伝いをしてくれるところと言えば結婚相談所になります。

こういったところは過去に多くの利用者を結婚に導いてきた経験があるはずで、中には農業従事者というケースも少なからずあるのではないか?と思います。

したがって、大手の有名なところを選択することで、農業従事者に関するマッチングのノウハウなどを持っている可能性があり、十分に期待できると言えると思うのです。

だから、結婚相談所というのは自分の結婚の可能性を広げるための手段としては最も有効と言える可能性があるので、考えてみてほしいと思います。

本気で結婚を考えているならば行動に移すのみとなりますが、自力で相手を探すのは困難だと思いますから、結婚相談所などのノウハウを持ったところを頼った方が成功率は上がると思います。

農業の人は未婚率が高いというデータがありますけど、適切な方法を各自がとれていれば、未婚率はもっと低かったと言える可能性もあります。

婚活はやる気もそうですけど、適切な手段をとれるか?どうかという部分が非常に重要です。

農業という職業に対する世間のイメージや捉え方を理解して、そのうえで自分が結婚するために必要なことは何か?を考え、それを実現できる方法を試すということが必要になります。

農業の人は諦めない限りチャンスは常に存在しますし、適切な方法を実行することで出会いのチャンスが現れて、実際に結婚できる可能性も高まりますから、そういったことを忘れないで取り組んでほしいと思います。

農業をやっている人間に関心があるとか、偏見がない人は必ずいますから。”

関連記事

弁護士をしているが収入が高くない人の婚活の悩みと解決の方法

アラサーエンジニアの婚活に対する悩みと解決方法は?パーティー参加かアプリか

婚活で出会いのないエステティシャンの方へ、今すぐ理想の相手に出会えるコツ

デートは舞台の予定次第!その道一筋女の婚活【ピアノの先生】

出会いがない?!農業男子をしている職業の人の婚活恋活の悩みはアプリとイベントで解...