弁護士をしているが収入が高くない人の婚活の悩みと解決の方法

弁護士をしている人は一般的にはエリートで高給取りというイメージかもしれませんが、そのイメージが本当に妥当か?

というと、必ずしもそうではない場合があります。というのも、弁護士の数がかなり多いので、いろいろな人がいるわけです。婚活をする際にはそういった部分が悩みになるということもあるのです。

弁護士は確かに高給取りの人も多いのですが、全員が高給取りというわけではありません。

厳しい試験を突破してきた人たちでも、高給取りが約束されているわけではなく、どれだけ仕事を得られるか?はその人の力量などによります。
つまり、弁護士が婚活をするときには世間が抱いているイメージとの乖離が生じているケースもあるということなのです。

弁護士が婚活をするときにはその部分に関して、多くの人が知っておかないといけないことがあると言えると思います。

弁護士の苦悩

弁護士の人が婚活で抱える悩みとしては世間のイメージと自分の収入状況の差の部分だと言えます。
稼いでいる弁護士の場合にはそういった悩みはないと思いますが、サラリーマンと同程度の収入、またはそれ未満の収入の弁護士というのは多くいます。

弁護士の数が多ければいろいろな収入の人がいて当たり前なのですが、弁護士の中も格差社会のような状況があって、高給取りとは無縁の人もいるということなのです。

しかし、一般的なイメージでは弁護士は稼いでいる職業という部分があると思うので、弁護士という職業に対するハードルはかなり高くなっていると言えます。
その状況で収入がそれほど高くない弁護士が婚活をすると、ハードルが高くなっている状況で相手と接するので、自分の収入を話しづらいというのがあります。

特に男性の場合は、女性が弁護士を選ぶ理由としては、収入への期待が大きいはずです。

そこを男性側も分かっているはずなので、自分が世間一般の弁護士ほど稼いでいないとしたら、それを相手が知ったときの反応を見るのが怖いという人は多くいるのではないでしょうか?
女性の弁護士に関しても、相手の男性からすれば弁護士をしているということは高給取りなんだろうというイメージがすでに浮かんでいる可能性はあり、少なからず男女共通の悩みということは言えると思います。
収入がそれほど多くない弁護士の人はそういったことを事前に考えてしまうので、ハードルが上がっている分、弁護士の婚活は結構大変なものになる可能性があるのです。
では、こういった悩みを抱えている弁護士のケースではどういう風に対応すれば良いのでしょうか?

弁護士が抱えている悩みを解決するための婚活の方法はどういったもの?

と言えば、事前に年収を正確に伝えておけるような方法になります。

しかも、それは自分から直接伝えるのではなく、情報として公開されており、それを見た人が自分の年収を知ることができるという方法と言えるでしょう。

つまり、婚活パーティーとかは相応しくないということです。婚活パーティーでは自分で直接伝えない限り、相手が自分の年収を知ることは難しい場合がありますから。

そして、こういった弁護士の悩みにもってこいの方法としてはインターネットアプリなどがおすすめです。

あらかじめ相手に収入が分かるアプリの利用

インターネットアプリは婚活をするうえでメジャーな手法と言えますが、これはあらかじめプロフィールを登録しておくので、そこに年収も情報として載せておくことができます。
したがって、弁護士をしているということと年収がどれくらいか?ということがプロフィールを見れば簡単に分かります。
自分であえて伝えないといけないということではないので、精神的には大分楽でしょう。
こういった状況で婚活ができれば、弁護士の人で自分の収入がそこまで高いとは言えないような状況であっても、積極的に婚活ができるのではないでしょうか?

弁護士という肩書に固執していない人、収入が高くない人でも問題ないと思っている人はいると思うので、収入がそれほど高くはない弁護士の人でもチャンスはあるはずです。
だから、問題は自分の悩みをいかに気にしないで婚活を進められるか?という部分になると言えます。

まとめ

弁護士の人は婚活においては人気の職業ということが言われていると思いますが、それは弁護士が収入が高いという部分と密接に関係していると思います。

つまり、その理屈で言えば収入が高くはない弁護士はそれほど人気じゃないということになってしまいます。

その部分で苦しんでいる人もいると思いますが、弁護士にもいろいろな人がいるので、高給な人もいれば、そうじゃない人もいるという理解を世間がしていくことは必要でしょう。

しかし、弁護士の人にしても、収入だけで結婚のポイントではないので、そこで自分に自信が持てないとしても、それだけで自分が評価されないとか、需要がないとは思わない方が良いです。
男女ともに、自分は弁護士だけど収入に自信を持てない人は結構いると思いますから、そういった悩みを抱えている人は自分だけじゃないと思うだけでも全然違うのではないか?と思います。”

関連記事

出会いがない?!農業男子をしている職業の人の婚活恋活の悩みはアプリとイベントで解...

デートは舞台の予定次第!その道一筋女の婚活【ピアノの先生】

婚活で出会いのないエステティシャンの方へ、今すぐ理想の相手に出会えるコツ

アラサーエンジニアの婚活に対する悩みと解決方法は?パーティー参加かアプリか

農業の人が抱えている婚活においての悩みと解決方法(パーティーなどイベント)