婚活で人気の警察官と付き合いたい!メリットや注意点と出会う方法を一挙紹介します

国や市民の治安や平和を守るために活動する職業の警察官。国家公務員であり心身ともに屈強な印象の警察官は、婚活市場でも人気の職業です!

今回は警察官とお付き合いをしたいという方に向けて、警察官とお付き合いするための方法や警察官という職業ゆえのメリットや注意点について解説します。

アリナ

アリナ
また今回は恋活または婚活中の方のために、競争率が高そうな大手企業の人と出会える方法を恋愛カウンセラーの私が伝授します。

 

警察官を見つける一番簡単な方法は?

警察官と付き合うって、警察署?交番?警察官と関わるようなことがあった時にアピールしたらいいの?と思われるかもしれませんが、警察官は日常的に出会いに恵まれている職業ではなく相手を選ぶのに慎重になる人が多くプロフィールや趣味など様々なデータを見たく、マッチングアプリで彼女を探しをしている人が実は多いんです。

マッチングアプリの「Pairs」は、会員数1000万人を超える日本最大手の恋活アプリで、警察官の登録も多いです。警察官がアプリ?!と思われる方もいますが実は多いんです。私も実際に何人かとメールのやり取りをしました。職業から検索することができませんが、警察関連のコミュニティから警察官を見つけることができるので、登録をしないと勿体ないです!

ペアーズ公式サイトで警察官を探しに行く→

警察官と付き合う、結婚するメリット

国の安全を守る警察官とお付き合いをする、または将来結婚を考えた時にはどんなメリットがあるのでしょうか?まずは警察官という職業の魅力についてお教えしましょう。

高収入安定な職業

警察官は地方公務員ですので、サラリーマンのように勤務先が無くなるということはありません。また、仕事内容によっては危険と隣り合わせとなることも多い警察官は高収入の職業です。

年代によって年収にバラつきはあるものの、サラリーマンの平均年収よりも警察官の平均年収の方が1割程多いというデータも発表されています。

安定した勤務先で高収入である警察官は、結婚後も安心して生活を送れるというメリットがあるため、婚活市場でも人気を集めています。

友人受けがいい

市民を守る警察官は友人や両親または周囲の人からも好印象を与える職業です。
そのためお付き合い中も、堂々と彼を紹介しやすいというメリットがあります。

強くて頼り甲斐があり優しい

警察官になるためには警察学校に入学し、警察官になるための訓練を受けなければいけません。

学校では柔道や剣道の授業があり、犯人を追跡するために必要な体力テストに合格しないと警察官にはなれないという事情もあります。

警察官になった後も体力維持のために運動や筋トレをかかさず肉体派な警察官は、強くて頼りがいのあるのでより魅力的に見える職業なのです。

また加害者や被害者と普段接することが多い警察官は、常に平常心を忘れず威圧的な態度を取ることはほぼありません。

実際に警察官になる男性は優しい性格の方が多く、女性が好感を抱きやすい職業でもあります。

警察官と付き合う前に知っておきたい注意点

正義感が強く頼りがいのある警察官は、お付き合いや結婚する上でもメリットの多い職業です。
しかし、警察官という特殊な職業ゆえに注意しておきたい点もいくつかあります。

ここでは、警察官とお付き合いする際に心がけておきたい、職業の特徴と注意点についてご紹介します。

勤務形態が複雑で休みがバラバラで日が合わない

警察官は市民の平和を守る職業のため、24時間365日お休みはありません。

勤務日は当然土日祝日関係ありませんし、場合によっては深夜勤務が連日続く時もあり、勤務形態が複雑なのが警察官の特徴です。

土日祝休みの仕事に就いているという女性にとっては、変則的な勤務の警察官と都合が合わせにくく、月に数日しか会えないということもあるでしょう。

このような特徴を持つ警察官とお付き合いする際には、出来るだけ相手に都合を合わせるように配慮しなければいけません。

警察官の仕事に理解がないといけない

警察官の仕事は肉体的にも精神的にも激務ですので、女性は仕事に対して理解がないとお付き合いは難しくなるはずです。

また警察官になるためには、自分だけでなく親類の犯罪歴や政治的思想などを調べられることがあります。警察官という特殊な職業における勤務形態だけでなく、警察官独自の慣習を受け入れることもお付き合いでは重要になります。

定期的な異動がある

警察官は全国に勤務地があるため、短期間での異動が頻繁にあります。

地方公務員として採用されているか国家公務員として採用されているかによって勤務地の違いがありますが、平均2~3年に1回は異動となるようです。

勤続年数や結婚などの生活環境の変化で勤務地の配慮を一部されることはあるものの、独身の警察官の場合はさまざまな勤務地で働くというのが一般的です。

異動の多い警察官とお付き合いをする場合、遠距離恋愛になるリスクが高いのも注意点です。寂しがりという方や束縛の強い方などは、警察官の方とお付き合いをするのは難しいかもしれませんね。

警察官は出会いがない

勤務形態が複雑

注意点でも挙げたように、勤務時間や勤務地に変動の多い警察官は出会いのチャンスが少ないのが特徴的です。

また警察官という職業柄、世間体の評判を考えて出会いの場に訪れにくいということも出会いが少ない原因となっています。

職場に女性が少ない

体力的にも激務を強いられる警察官は女性の割合が少なく、全体的な職員数に対して女性警察官は1割程度しかいません。

一般的な職場よりもはるかに女性の同僚が少ない警察官は、職場恋愛をするきっかけがなく出会いがない原因となっています。

警察官男性と出会える確率が高い恋活・婚活方法とは

日常的に出会いが少ない警察官と出会いを求める場合、どんな恋活や婚活を試せばよいのでしょうか。

ここでは警察官が利用していることが多く、出会える可能性が高い方法についてご紹介します。

合コン・パーティー

合コン、街コン、婚活パーティーを行っている運営会社の中には「警察官男性限定」という名目でパーティーを開催していることがあります。

このようなパーティーは職業が限定されているため、確実に警察官と出会えるので嬉しいですね。

しかし、他の合コンやパーティーよりも女性人気があるので、早めに参加表明をしないと満席になる確率が高く注意が必要です。

特にオススメしたいのがPARTY☆PARTYです。

PARTY☆PARTYの公務員限定パーティーや警察官限定パーティーでの出会いや実際にお付き合いしたという報告をいただいています。

公務員限定パーティーでも必ずと言っていいほど、警察官の人が参加しています。それほど出会いがなく警察官も彼女を探しているということです。

一度気軽にパーティーへの参加をしてみるといいかもしれませんね。

→PARTY☆PARTYでパーティーを探してみる

マッチングアプリ・インターネット

仕事の時間が不規則な警察官は、空いた時間で行動できるマッチングアプリやインターネット上で出会いを探している方が多くいます。

またマッチングアプリやインターネットの一部では相手の検索機能が付いており、職業を指定すれば比較的簡単に警察官の男性を見つけることが出来ます。

会員数が多いマッチングアプリでは出会える確率が跳ね上がります。冒頭でお伝えしたPairsがオススメです。

ひとつだけデメリットをお伝えすると、、Pairsは会員数が多い(=競合が多い)ために、大都市の東京、大阪、名古屋、などの「首都圏」又は周辺にお住まいの方は、目当ての男性とマッチングに進みにくい側面もあるということです。

首都圏以外にお住まいの方には間違いなくPairsを、首都圏にお住まいの方は、Pairsに加えて、同じく警察のコミュニティー機能がある「Omiai」にも登録することで、かっこいい警察官の彼を見つけることができますよ!

Pairsで警察官を見つけに行く(登録無料)→
omiaiで警察官を見つけに行く(首都圏の方はこちらも推奨)

結婚相談所

結婚を強く意識している方は多少費用がかかるものの、結婚相談所に登録するのも手です。

結婚相談所ではコンシェルジュやスタッフなどに警察官と出会いたいという旨を伝えれば、婚活中の警察官と確実に出会えますよ。

また結婚相談所は厳しい入会審査が行われているので、職業詐称や既婚だったなどのトラブルに巻き込まれる心配がないので安心です。

ブライダルネットは、サービスが良いのに料金がリーズナブルなところです。本人証明は必須ですし、任意ですが独身証明や収入証明もあるのに料金が1,950円からと、とにかく安い。

ブライダルネットでは職業検索ができます。

警察官という職業にチェックを入れて、検索を行うとすぐに警察官男子のプロフィールを見ることができます。

他のサイトでは、「公務員」の指定はできますが、「警察官」まで絞ることができなかったりします。その点ブライダルネットは初めから職業を絞れるので、楽チンに検索が可能です。

結婚相談所が自分にはあっているという人は一度ブライダルネットに登録してみるのもいいかもしれませんね。

→ブライダルネットで探してみる

まとめ

警察官とお付き合いする際の心がけや方法についてご紹介しました。激務ながらも正義感を糧に働くかっこいい警察官とお付き合いをして、素敵な恋愛&結婚生活をお送りください

関連記事

警察官に出会えるマッチングアプリは?アプリ歴3ヶ月で独身女が警察官の彼氏をGET...