弁護士と出会いたい・付き合いたい!どうすれば出会える?メリット・注意点も紹介

毎年の合格率は20%程度と狭き門を通過し人だけがなれる弁護士。法律に関するあらゆる知識を持ち、時には難しい事件と戦うこともある弁護士は多くの人が憧れを抱く職業なのではないでしょうか?

今回はそんな弁護士と出会いたい、または結婚したい!と願う女性に向けて、おすすめの婚活方法をご紹介します。

アリナ

アリナ
弁護士とお付き合いすることで得るメリットや職業柄注意したい点、弁護士が好きな女性の条件などと合わせてご覧ください。

 

弁護士を見つける一番簡単な方法は?

弁護士と付き合うって、弁護士の職場?法廷?弁護士と関わるようなことがあった時にどうアピールしたらいいの?と思われるかもしれませんが、弁護士日常的に出会いに恵まれている職業ではなく相手を選ぶのに慎重になる人が多くプロフィールや趣味など様々なデータを見たく、マッチングアプリで彼女を探しをしている人が実は多いんです。

マッチングアプリの「Pairs」は、会員数1000万人を超える日本最大手の恋活アプリで、警察官の登録も多いです。職業や趣味のコミュニティから弁護士を見つけることができるので、登録をしないと勿体ないです!

ペアーズ公式サイトで弁護士を探しに行く→

弁護士と付き合う結婚するメリット

弁護士とお付き合いをする、または結婚をした際にはどんなメリットがあるのでしょうか。ここでは弁護士という職業に目を向けて魅力を紹介します。

高収入な男性が多く失業リスクが低い

2019年に転職サービスが行った年収調査では職種別1位に輝いた弁護士。

平均年収は年齢によって誤差があるものの、サラリーマンと比較しても通常の2~3倍程度お給料をもらっているようです。

国家試験を突破した専門職であることや相談料などが高額なこともあり、高収入な職業として知られる弁護士。

資格を持っているため失業リスクが少なく、個人事務所を立ち上げることもできるので雇用面でも安心できるというメリットがあります。

自分や家族がトラブルにあった際に相談に乗ってもらえる

法律的に禁止はされていないものの、基本的に家族など近い立場の人の弁護は行わないのが暗黙のルールとなっています。

なぜなら依頼者が身内であることで相手側に必要以上の罪を負わせたり自身の利益につながるような行為をする恐れがあるからです。

しかし、友人関係や仕事や上司後輩とのトラブルなどの相談には気軽に乗ってくれます。法律的な問題は専門職の方が一番理解してくれるので、何かがあった時にも精神面で心強い存在になってくれるはずです。

弁護士と付き合う前に知っておきたい注意点

高収入で職業柄真面目で頼れる性格の人が多い職業の弁護士。しかし、弁護士の人とお付き合いまたは結婚するためには弁護士ならではの苦労も知らなければいけません。

ここでは弁護士とお付き合いするとどんな事に配慮しなければいけないのか、注意しておきたい点について解説します。

勤務が忙しい時はなかなか時間を取れない

高収入な職業の弁護士ですが裁判前の資料準備や依頼者との接見など、基本的に決まった休みがなく常に忙しい時間を過ごしています。

また裁判の内容が軽い場合や裁判後には家に帰ってゆっくりする時間が取れますが、人気の弁護士である場合は常に多忙で中々時間が取れないという場合もあります。

職場には異性が少なく意外にも出会いが少ない弁護士ですが、お付き合い後は女性が寂しい思いをしてしまうことが多くなるので注意が必要です。

弁護士の仕事に理解がないといけない

弁護士という仕事は人と密接に関係する職業のため、中には弁護士を逆恨みする依頼者や相手側の依頼者もいます。

また刑事事件によっては弁護士も非難の対象にされる場合もあり、恋人や家族にまでその矛先が向くことも十分あり得ます。

時には危険な思いをしたり矢面に立たされたりする弁護士という職業を理解してサポートする気持ちがないと、お付き合いを続けるのは難しいでしょう。

弁護士は理想が高い

相手に求める条件

弁護士の男性が相手に求める条件は、自立していることです。基本的に忙しく家庭を顧みることができないので、男性がいなくても家庭を守ってくれる心強いパートナーがいることが絶対条件となります。

弁護士が好む女性

高学歴で理論的な性格の人が多い弁護士は、頭が切れるきちんとした印象の女性を好みます。信頼を売りにする職業の弁護士は外見だけでなく内面も大事な要素。

女性もある程度の教養や安定感がないと、弁護士の男性はあなたを「信用できない人」と思われてしまうかもしれません。

弁護士を落とすコツ

弁護士の男性は裁判で勝ち抜く精神を持っているため、プライドの高い男性が多いと言われています。

しかし、弁護士という肩書に誇りを持っていますが、自分が弁護士だからと近づく女性に対してはあまり好意を抱きません。

もしも弁護士ということを明かしてお付き合いをした時には弁護士だからと特別扱いはせず、弁護士になった経緯や仕事内容の成果を褒めるなど、相手を持ち上げる行為が大切です。

弁護士男性と出会える確率が高い恋活・婚活方法とは

パーティー、マッチングアプリ、結婚相談所と様々な出会いの場があります。

自分にあったスタイルで婚活したいですね。それぞれの内容とオススメサービスを私の経験と過去の依頼者の話などがからピックアップしていますので参考にしてくださいね。

合コン・パーティー

合コンや婚活パーティーの中には、弁護士を含めたハイステータスな男性限定のイベントが開催されています。

弁護士のほかにも医師や大企業勤務など年収の高い男性が集まりますので、参加者に必ずしも弁護士がいるというわけにはいきませんが、一般的な合コンやパーティーに参加するよりも弁護士に出会える確率が高いはずです。

そういったハイステイタス男子との出会いをサポートしているのがプレミアムステイタスパーティーになります。プレミアムステイタスパーティーで自分の条件にあったパーティーで探してみるのもいいかもしれませんね。

→プレミアムステイタスでパーティーを探してみる

マッチングアプリ・インターネット

弁護士と出会いたいなら、まず使いたいアプリが「Pairs(ペアーズ)」です!

職業で検索できる機能もあり、自分の住んでいる地域の弁護士を探すことも可能。アプリで出会い、デートを重ねてお付き合いをして、彼氏が働いている職場を覗いてみるのもたのしいですね。

会員登録は完全無料ですが、メッセージのやりとりは有料(月々1320円~3590円)になります。ただ、ペアーズ登録者の4人に1人は恋人ができて、うち80%の人は【3ヶ月以内に恋人ができた】と回答しています。「1万円以内の会費で、たった数ヶ月で恋人ができる」というのは、マッチングアプリの中でも凄く優秀です。

ひとつだけデメリットをお伝えすると、、Pairsは会員数が多い(=競合が多い)ために、大都市の東京、大阪、名古屋、などの「首都圏」又は周辺にお住まいの方は、目当ての男性とマッチングに進みにくい側面もあるということです。

首都圏以外にお住まいの方には間違いなくPairsを、首都圏にお住まいの方は、Pairsに加えて、同じく警察のコミュニティー機能がある「Omiai」にも登録することで、かっこいい警察官の彼を見つけることができますよ!

Pairsで弁護士を見つけに行く(登録無料)→
omiaiで弁護士を見つけに行く(首都圏の方はこちらも推奨)

結婚相談所

パーティー・アプリ以外で弁護士と出会える確率が高い方法は何でしょうか?

結婚相談所のクラブオーツーをご存知でしょうか?

クラブオーツーは有名国公私立大学のOBが定期的に開催していた交流会からスタートした結婚相談所です。元が会員制クラブですので、質を落とさないような取り組みがなされています。

一般的な結婚相談所では弁護士の会員を見つけるのは難しいかもしれませんが、クラブオーツーのように会員を限定している結婚相談所であればより出会える確率が高くなるのでおすすめします。

→試しにクラブオーツー無料資料請求してみる

まとめ

ニュースで取り上げられるような刑事事件から、夫婦間のトラブルなどの民事事件を取り扱う弁護士という職業。

ついつい弁護士の良いところを見てしまいがちですが、女性の理解がないと家族を持つ弁護士の仕事は成り立ちません。

弁護士と出会いたい、または結婚したいという方は今回紹介した事柄を参考にしながら出会いのチャンスをつかんでくださいね!

関連記事

関連記事がありません。